インフルエンザ感染しないためには喉の乾燥予防

インフルエンザウイルスが爆発的に流行するのは、その感染経路に飛沫感染と空気感染があるためです。
たとえば、集団の中でインフルエンザウイルスを持った人がくしゃみをしたとします。するとウイルスの付着した分泌物が勢いよく飛散して、身近にいる人の鼻腔や口腔内に侵入してしまいます。
また分泌物から水分がなくなったものが、乾燥した空気中を長い時間、漂うことで、やはりその空間内にいる人がその空気を吸ってしまいます。
そのことによってインフルエンザに感染してしまうと言うのが、これらの感染経路です。ですからウイルスを持っている人と一定距離内で空間を共にすると言うことは、少なからずとも感染の危険性があると言うことです。
では、実際に感染を防ぐためにはどうすれば良いのかと言うと、ひとつには分泌物や空気中に浮遊している物を吸い込まないようマスクを着用することです。
ウイルスは口腔内や鼻腔内から体内へと侵入しますから、必ずその両方を覆うようにマスクを着用することが求められます。
また、空気中の飛散物を床へと落とすために、空気中に湿度を与えるの重要な感染予防です。湿度があれば、浮遊物はその重みによって比較的早くに床へと落下してしまいます。
そうすれば、感染の可能性はとても低くなります。そして個人の体においては、喉の乾燥を防ぐことも大切な乾燥予防になります。
インフルエンザに限らずウイルスは低温、低湿の環境を好みます。もし喉が唾液などで潤っていれば、唾液には殺菌作用もありますから、ウイルスは付着しても流し落とされる可能性も高くなります。
しかし乾燥したままだと、付着したウイルスはそのままの状態です。
インフルエンザの予防として効果的なうがいには、実はウイルスを洗い流すと言う意味もありますが、喉に潤いを与えウイルスの付着を予防すると言う意味もあります。
またマスクの着用にも、口腔内や鼻腔内の乾燥を防ぐと言う意味もあります。