インフルエンザ予防接種は高齢だと負担金を減らせる

冬になると流行するもののひとつに、インフルエンザをあげることができます。かかってしまうと、高熱や下痢などの辛い症状に見舞われますので、かからない様に注意を払わないといけません。
とはいえ、感染力も強いウイルスですので、予防しようと思ったら、インフルエンザの予防接種を受けることが、まずは大切です。
このインフルエンザの予防接種は、病院によって値段がまちまちです。今年は、従来の3種類混合(A型2種類とB型1種類)から、4種類混合(A型2種類とB型2種類)に変更となり、より予防効果が増しているのですが、その分、値段も昨年より高くなるといわれていますし、実際その傾向にあるようです。
1回接種するのに数千円程度必要になりますが、実は、全て自己負担しなけばならない訳ではありません。高齢者の場合は、市町村によっての差はありますが、各自治体が助成金を交付してくれることが多いです。
高齢者の場合、免疫力が低下していることもあってか、インフルエンザに感染すると、症状が重篤になってしまう可能性が、一般成人に比べて高いといえます。
そのような状況を自治体も理解しているのでしょう。高齢者の接種にかかる料金負担を下げる様にしているという訳です。
まずは、各自治体に問い合わせて、助成の対象となるのか、次に助成を受ける為にはどうしたら良いのか確認した上で、予防接種を受けるといった流れになります。
普段は健康だと自負していても、ウイルス等の感染症に対する免疫力は知らず知らずの間に低下しているかもしれません。
かかってから大変な思いをしたり、家族に心配をかけない為にも、インフルエンザが流行する前に、予防接種を受けてしまうのも良いかもしれません。