インフルエンザになったら解熱剤ダメ!

インフルエンザの症状は風邪と似た部分もあります。しかし症状が似ているからと言って、発症するための原因は全く異なります。
まず風邪ですが、これは喉や鼻と言った気管支系統の炎症が主な原因です。炎症が原因となって発熱などの症状が引き起こされるわけですが、炎症がひいていけば発熱などの諸症状も自然と治っていきます。
一方のインフルエンザは、ウイルスに感染することによって引き起こされる症状です。ですからウイルスが活動している限りは続きますし、ウイルスの影響によって発熱以外の部分にも症状が出てくると言う特徴があります。
そのため一般的な風邪では多く使用される解熱剤が、インフルエンザの場合には効果を見せないと言うことは珍しくないことです。
またインフルエンザの際に解熱剤を服用することが、症状の悪化につながるケースもあると言うことが明らかになっています。特にこれは小児に対して顕著に言えることです。
子供がインフルエンザにかかって高熱に苦しんでいると、周囲の大人としては何としかして熱を下げたいと思うのは当然のことです。
しかしそこで解熱剤を服用させてしまうと、その解熱剤の成分によってはライ症候群にかかる可能性が高くなると言うことが指摘されています。
ライ症候群は脳の炎症や腫れ、急なけいれんなどを引き起こす症状で、最悪の場合は命を奪ってしまう恐ろしい症状です。
そして体力や免疫力がまだ十分でない小児の場合、インフルエンザにかかることで、その合併症として脳症を引き起こす可能性も大人に比べると高くあります。
ですから解熱剤を服用することで、ライ症候群へのリスクが高まると同時、インフルエンザ脳症へのリスクも高くなる、その症状が重症化することも否定できないのです。
なお、小児の場合、高熱があるからと言って安易に解熱剤を服用させるのは厳禁です。
速やかに医療機関にかかり、医師の適切な処置を受けることが最も望ましいです。

インフルエンザに有効な薬

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされるウイルス感染症です。
インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類が存在しますが、感染症として流行するのはA型とB型の2種類です。特にA型は変異しやすい型で毎年流行する型が変化しやすく、ワクチンを製造する上でも流行する型を予測しづらく、流行しやすい型となっています。
インフルエンザの治療には主にノイラミニダーぜ阻害薬という薬が使用されています。
ノイラミニダーぜ阻害薬にはタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタという4種類の薬が存在します。
ノイラミニダーぜはウイルス表面に存在する酵素で、ウイルスが宿主細胞から脱殻するのに必要な酵素です。
このノイラミニダーゼを阻害することによってウイルスが次の細胞に感染を拡大することができず、ウイルスの増殖を抑えることができます。
タミフルは内服薬、リレンザとイナビルは吸入薬、ラピアクタは点滴用と様々なタイプがあるため患者さんに合った薬を選択できることも特徴です。タミフルが一番使い勝手がよさそうですが、小児用のタミフルは苦みがあり飲みづらいという欠点があります。
その他にシンメトレルという薬もインフルエンザに使用されます。この薬は脳神経においてドパミンの遊離を促進することによってパーキンソン病の治療薬として使用されますが、インフルエンザ感染症に対しても効果を示します。ただしこのシンメトレルはA型インフルエンザにしか効果を示さないため、B型に対しては無効です。
さらに麻黄湯という漢方薬もインフルエンザに対して有効な薬です。麻黄湯は風邪症状に対してよく使用される漢方薬です。ただし風邪の時とは使用量が異なり、倍の量を服用することが推奨されています。

インフルエンザに感染しない対策を考える

インフルエンザは季節によって流行するものと、突然、感染者が爆発的に広がる新型と呼ばれるものがあります。
このふたつの間にある違いとしては、ウイルスの感染力の強さが挙げられます。
しかしその一方で、どのように感染するのかと言う感染経路については同様です。
ウイルスを持った人の唾液や鼻水などの飛散によって感染する飛沫感染、そしてその飛散物が空気中に漂うことで感染する空気感染、そしてウイルスが付着した物に触れることで感染する接触感染がインフルエンザウイルスの感染経路です。
ですから、インフルエンザに感染しない対策としてはこの感染経路を断つことが挙げられます。
極論としては、少なくともインフルエンザが流行している間は外に出ない、誰とも接触を持たない、ずっとゴム手袋とマスクをしていると言うことが挙げられますが、こんな生活を送るのはまず不可能なことです。
ですからまずは、他の人から無意識の内にウイルスをうつされないようにすることが必要となります。これにはやはりマスクを装着することが効果的です。
そして外出先から帰宅した際には必ず、手洗いとうがいを行うことが基本です。家族の方と一緒に生活をしていると言う方は、その方たちにウイルスを拡げてしまわないよう、リビングなどに足を踏み入れる前に手洗い、うがいを行う必要があります。
また完全に外出を控えるのは難しいにしても、やはりインフルエンザが流行しているシーズンに不要な外出を控えると言うのは、ある程度は必要な対策のひとつです。
特に何となく体調が優れないとか、寝不足が続いていて疲れ気味だと言う時は、ウイルスに感染すると症状が出てくる可能性も高くなります。ですからなるべく、自宅で過ごすようにすることが求められます。
★治療薬の通販で万が一に備えましょう
インフルエンザ 薬
★タミフルに次ぐインフルエンザの薬
リレンザの効果と副作用